井上熱帯園の門松レンタルで新年の門出を門松で迎えましょう

井上熱帯園株式会社への門松のお問い合わせ:お電話は092-431-5191。

FAXでのお問い合わせは092-431-5192へお気軽にお願い致します。門松の大きさや装飾の程度により料金変動します。

レンタル門松を飾ろう!作り方も大切ですが思い切ってレンタルすれば毎年違う門松を飾れます。

HOME > 門松レンタル > 門松制作の流れ

門松レンタル注文販売正月飾り迎春アレンジ門松制作の流れ

門松は買うよりレンタルを!

レンタル門松を飾って気持ちよく2012新年を迎えましょう!

∵門松制作は一つ一つ全て手作業、竹の状態から門松を作ります。

井上熱帯園では門松レンタルの注文を頂いた後、まずは材料となる竹をそのままの状態で仕入れる所から始まります。「全て手作り」で制作をしているためです。

竹を一本一本斜めにカットして、鉢に植え込んで固定をし、さらに若松を刺していきます。
天然の松竹梅素材を使って毎年一から作っているいるため、一つとして同じものはございません。
新年の門出に縁起物を飾りお客様によい年を迎えて頂く為、一つずつ丁寧に仕上げております。

門松制作の流れ

材料になる竹を仕入れる
材料になる「孟宋竹」を仕入れます。
竹を斜めにカットして植え込む
竹を斜めにカットして植え込んでいきます。
若松を刺し込む
若松を刺し込んでいきます。

TOP

「 門松 」とは? -門松の由来-

◇「門松」とは

門松とは、お正月に家の門の前に立てる一対となった松や竹の飾りの事です。

門松は、古くから歳神(しきがみ)様などを家に迎え入れるための依代(よりしろ)の役目を果たすもので、起源は中国「唐」の時代、日本でも平安時代に始まりました。
元々は家の前の門に松を飾るだけでしたが、竹に松を添えるという門松の原型が出来上がったのは室町時代です。
竹も松も「長寿」を象徴するため、このような形になったと思われます。

12月の10日ごろに山から松の木を取ってくる「松迎え」というものを行います。早いところでは20日頃から飾りますが、現代ではクリスマスのイベントもあるため、25日以降に設置される場合が多いようです。そして年明け7日の「松の内」まで飾られ、その後仕舞われます。

◇松の内とは

松の内とは、元旦から門松を取り外す日までの期間を指します。
歳神様を迎えてお役目の済んだ門松は、七草の7日に取り外すのが主ですが、この日にちに関しては地方によって様々です。場所によっては15日まで飾る所もあるようです。

∵お問い合わせは、井上熱帯園株式会社まで。

お問い合わせメールフォーム

TEL:092-431-5191FAX:092-431-5192

TOP

観葉植物レンタルオフィスグリーン||井上熱帯園株式会社